6つのポイント|神戸・三宮の矯正歯科医院 | 三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

078-331-5880
WEB診療予約

6つのポイント

トップ > 6つのポイント

高すぎず、安すぎない治療費

高すぎず、
安すぎない治療費

マウスピース型矯正装置

マウスピース型
矯正装置

土・日曜日も診療

土・日曜日
も診療

2つの矯正認定医

2つの
矯正認定医

歯を抜くのか、抜かないのか

歯を抜くのか
抜かないのか

初診無料相談

初診
無料相談

高すぎず、安すぎない治療費

高すぎず、安すぎない治療費

歯科矯正治療は健康保険適応外です(先天性特定疾患の方と顎変形症の方は健康保険適応です)。よって、自己負担になりますので、矯正料金額は気になるところです。

当院は歯列矯正専門(歯並び専門)で、大学の附属病院矯正科と同等の矯正基本料金を設定しております。

しかも、分割が可能ですので、できるだけ患者様の負担が重くならないようにしております。(分割支払いに関しましては、当院受付にてご説明いたしますので、お気軽にご連絡ください)

治療費について

詳しくは、治療費についてをご覧ください。

マウスピース矯正が得意

マウスピース型矯正装置治療が得意

マウスピース型矯正装置(カスタムメイドのアライナー型矯正装置:インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は従来のブラケットを使った治療と違い、装置が薄くて透明なので目立ちにくいです。

当院患者さんの多くが、マウスピース型矯正装置(インビザライン ※海外カスタムメイドのアライナー型矯正装置)にて、出っ歯や前歯のがたがた、八重歯、受け口を治療されております。
(2018年7月調べ)

しっかりマウスピースを使用しなければいけない(1日20時間以上)という大きなお約束はありますが、ワイヤー矯正に比べると、「外してご飯が食べれる」「外して歯磨きができる」という大きなメリットをもつ矯正装置です。

「マウスピースで、歯並びを治したい!」という方は、いつでもご相談ください!
(要初診予約)

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

メリット

  • お口の中につけていても、透明感があるので目立ちにくい。
  • お食事の時は、外すので硬いものも食べやすく、食後の歯磨きもいつも通りできる。
  • 発音に影響がなく、違和感も少ない。
  • 金属アレルギーの方にも使用できる。
  • 慣れてくれば、通院間隔をあけることができる。(2~3か月に1回程度)

デメリット

  • 補助器具として、表側ワイヤー矯正の器具(マルチブラケット装置)が必要な場合がある。
  • 患者さんの協力性が必要。(マウスピースの使用時間【1日20時間以上の使用 】を守らないと歯並びの改善が困難になる)
  • 基本料金が表側矯正より高くなる。

詳しくはこちら

表側ワイヤー矯正・裏側ワイヤー矯正もあります

見えない矯正には、マウスピース型矯正装置以外にもあります。舌側(裏側)ワイヤー矯正です。

裏側(舌側)からの矯正器具

リンガルブラケット矯正装置(STb)

裏側(舌側)の矯正器具は近年発展し、今やスタンダードな矯正器具になっています。

メリット

  • 矯正治療期間中に矯正器具が目立たない。
  • 器具が目立たない為、精神的負担(ストレス)も軽減する。
  • 他の矯正器具と比べ、若干、虫歯になりにくい。

デメリット

  • 慣れるまで、発音が不明瞭になる。
  • 歯磨きが難しい。
  • 舌への物理的刺激が強く、口内炎などできやすい。
  • 基本料金が表側矯正より高くなる。

治療費について

基本料金が通常の表側矯正とは異なるので、詳しくは「治療費について」をご覧ください。

表側の矯正器具(マルチブラケット装置)は上の歯が目立ち、下の歯は上の歯ほど目立ちませんので、上の歯だけ裏側(下の歯は表側)のコンビネーションタイプもありますので、ご相談ください。

痛みを軽くする矯正、セルフライゲーションブラケット装置

近年、矯正器具は進化・発展し、通常の矯正器具でも矯正力が弱く持続的で、患者さんにとって負担が少ないものになっています。

さらに、痛みを軽減できる矯正器具が登場しました。「セルフライゲーションブラケット装置」です。当院でも、この「セルフライゲーションブラケット装置」を取り入れております。

メリット

  • 従来の器具よりさらに痛みを軽減できる。
    (痛くないとういうわけではありません)
  • 歯を抜かない矯正の確立が上がる。
    (絶対抜かないとういうわけではありません)
  • 治療期間が少し短くなることがある。
  • 来院回数が1~1.5カ月に1回程度になる。(通常は3週間~4週間に1回)

デメリット

  • セルフライゲーションブラケット装置の器具が一部銀色で、少し目立つ場合がある。
  • 基本料金が通常の表側矯正より少し高くなる。

治療費について

基本料金が通常の表側矯正とは異なるので、詳しくは「治療費について」をご覧ください。

当院では、患者さまのニーズに合った、様々な矯正器具をご用意しておりますので、歯並びや矯正器具のご相談ありましたら、お気軽にご連絡ください。

土・日曜日も診療

土・日曜日も診療

当院は、患者さまのライフスタイルにあわせて、平日は夜8時まで、土曜日・日曜日も診療しております。

平日、お仕事をされていて、時間がなかなかとれない方には、土曜日・日曜日に。

子供さんの治療の場合は、学校から帰ってきてからも来院できるよう、平日夜8時まで診療しております。

休診日は、月曜日・木曜日・祝祭日・月1回~2回の日曜日です。

※日曜日は学会出席や出張等で休診日とさせていただく場合もございます。
予め、ご了承ください。

詳しくは、TOPページの診療時間・診療カレンダーをご覧ください。

2つの矯正認定医

2つの矯正認定医

当院では、日本矯正歯科学会認定医・日本成人矯正歯科学会認定医の二つの認定医を持つ院長が治療にあたります。

(⇒ 日本矯正歯科学会認定医・専門医名簿

(⇒ 日本成人矯正歯科学会認定医一覧

矯正歯科医院を選ぶ一つの基準になると思います。

ただし、大事なのは、患者さんが先生に対し信頼をおけるか、ということだと思います。

当院でも、ご納得いただけるように、丁寧に説明させていただいておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

歯を抜くのか、抜かないのか

歯を抜くのか、抜かないのか

当院の治療方針は、なるべく歯を抜かない矯正治療を目指しております。

可能であれば来院されるすべての患者さんの歯を抜かずに、歯並びの改善を行いたいのですが、残念ながら100%歯を抜かずに治療できるという訳ではありません。

現代人の特徴として、アゴの発育が弱く歯を並べる土台が小さいのが現状です。
小さい土台の上にたくさんの歯を押し込める事は無理が生じます。必要があれば、やはり歯を抜いて歯並びの改善を行う方がメリットは大きい事もあります。

歯を抜いて矯正治療を進めても、全身の健康に影響が出ることはまずありません。抜いたspaceを使って、ガタガタを解消したり、上下の前歯を後方に下げたりし、抜いた歯のspaceも閉じますのでご安心ください。

歯を抜かずに矯正治療が可能か、抜いて治療を進めた方がメリットは大きいのか、ご相談にのりたいと思いますので、お気軽にお問い合わせください。

初診無料相談

初診無料相談

当院のHPを見てくださった方には、最初のご相談(初診)を無料でさせていただきます。歯並びで分からない事や、矯正治療についてお聞きになりたいことありましらた、お気軽に、お電話にてご予約ください。

078-331-5880

※お電話の時に「HPを見た」とお伝えください。

診療時間表

休診日 : 月曜・木曜・祝祭日・日曜月1~2回

WEB診療予約

院長ブログ

三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町4丁目10-20田中ビル2階

078-331-5880

PAGE TOP