こどもの矯正治療|神戸・三宮の矯正歯科医院 | 三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

078-331-5880
WEB診療予約

こどもの矯正治療

トップ > こどもの矯正治療

こどもの矯正について

お子様の歯並びをよく見られたことはありますか?

歯並びが悪いと・・・

① 虫歯、歯周病になりやすい。
② よく咬めないので、アゴの発達に影響がでる。
③ 発音に影響する。
④ 審美性に影響する。 ...Etc.

ひいては、全身の成長発育や健康に影響を及ぼす事もあります。

矯正治療は早期発見・早期治療が理想的です。
お子様の時期に歯並び治療を開始することをおすすめします。

とは言いましても、早期に歯並び治療を開始するメリットとは何だろう?とお思いのはずです。

こどもから始めるメリット・デメリット

「こどもの矯正」にもメリット・デメリットありますので、ご紹介します。

メリット

  • 顎の骨も柔らかく、歯も良く動き、骨格的アプローチも行いやすい。
  • 結果、歯を抜いて矯正する確率を下げたり、アゴの骨を切る手術併用(口腔外科依頼)の矯正を避けられたりする。
  • 矯正器具に対する適応能力が成人の方にくらべ高い。
  • 社会的制約が比較的少ない(平日でも通学後に通院しやすい)。
  • 治療期間を長くとれるので、治療方針の幅がひろがり、ゆとりをもって治療が行える。

デメリット

  • 成人の方に比べ、矯正治療期間が長期間かかる(根気が必要)。
  • 矯正治療に対する協力性が得られないことがある(モチベーションの維持)。

デメリットの2つ(根気が必要、モチベーションの維持)をクリアできれば、子供さんの時期から矯正を開始するメリットは大です。

こどもの歯並び治療の開始時期

それでは、子供さんの歯並び治療(矯正治療)はいつ開始するべきなのでしょうか?

矯正治療開始の目安

※あくまで、一つの目安です。実際にお口の中をみさせていただいてから、適切な開始時期をお話させていただきます。

受け口

出っ歯

ガタガタ

前歯が開いている(垂直的に)

 /

前歯の咬み合わせが深い

アゴのズレ

矯正治療は意外と早期に開始できるのだと思われた方も
多いのではないでしょうか?

もちろん、乳歯がようやく生えてきた時期などは、逆に早すぎることもあります。

ただ、受け口の治療では3~4歳から開始できる矯正器具も近年開発され、機能的要因を早期に取り除く治療方法もあります。
『ムーシールド』というマウスピース型矯正装置です。当院でも取り扱っております)

私の経験からも、受け口(受け口に限らず骨格的要因に移行しそうな場合はすべてですが)は早期のアプローチが好ましいと思います。

上記の開始時期は目安にしかすぎません。

受け口のお子さんで、6~7歳だったら、手遅れか・・・そんなことはありません。
歯並びの不正に気付いたら、早めに『矯正専門医院(歯並び専門医院)』にご相談されるのが良いです。

こどもの矯正治療

中高生の矯正治療

おとなの矯正治療

診療時間表

休診日 : 月曜・木曜・祝祭日・日曜月1~2回

WEB診療予約

院長ブログ

三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町4丁目10-20田中ビル2階

078-331-5880

PAGE TOP