マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン) | 神戸・三宮の矯正歯科医院 | 三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

078-331-5880
WEB診療予約

マウスピース型カスタムメイド矯正装置
(インビザライン)

トップ > マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)について

歯並びを矯正したいけど、矯正装置は目立つのでやりたくない。

そんな患者さんに、取り外せる透明マウスピース型カスタムメイド矯正装置治療(インビザライン)を当院ではお勧めしております。

現在、日本矯正歯科学会が、マウスピース型カスタムメイド矯正装置治療を行う好ましい医療機関を発表しております。

公益社団法人 日本矯正歯科学会 アライナー型矯正装置による治療指針

下記一部抜粋

4.施設基準と術者の資格  アライナー治療(マウスピース矯正)において、以下の施設基準、資格が望ましい。

【施設基準】

・顎顔面形態の特徴を把握するために側面頭部X線規格写真撮影装置を有していること。

【術者の資格】以下のいずれかに該当する者。

公益社団法人日本矯正歯科学会認定の認定医以上の資格を有する者。

・学会指定研修機関(大学病院等)における矯正歯科基本研修修了の後、その期間を含めて、5 年以上にわたり、矯正歯科臨床研修を修了した者。

・上記と同等の学識、技術、経験を有すると学会が判断する者。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

当院のマウスピース型カスタムメイド矯正装置治療(インビザライン)

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

海外カスタムメイドのアライナー型矯正装置

マウスピース型カスタムメイド矯正装置は従来のブラケットを使った治療と違い、装置が薄くて透明なので目立ちにくいです。

当院患者さんの多くが、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン ※海外カスタムメイドのアライナー型矯正装置)にて、出っ歯や前歯のがたがた、八重歯、受け口を治療されております。

しっかりマウスピースを使用しなければいけない(1日20時間以上)という大きなお約束はありますが、ワイヤー矯正に比べると、「外してご飯が食べれる」「外して歯磨きができる」という大きなメリットをもつ矯正装置です。

「マウスピースで、歯並びを治したい!」という方は、いつでもご相談ください!
(要初診予約)

治療費について

基本料金が通常の表側矯正とは異なるので、詳しくは「治療費について」をご覧ください。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置治療(インビザライン)

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

口腔内スキャナ i-Tero

当クリニックでは、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)の歯型を、「光」で採ります。

この数年で歯科業界の口腔内スキャナ技術が飛躍的に進歩し、物理的なシリコン印象に代わって歯型を取ることができるようになりました。

従来のシリコン印象材による、歯形採りのつらさが軽減され、かつ、出来上がってくるマウスピースの精度も上がります。

当クリニックは、i-Tero 導入医院です。

光(近赤外線)を併用した矯正治療(近赤外線発光補助装置)

歯牙や歯周組織に、生体に優しい「光」をあて、細胞を活性化させて、
歯科矯正治療の円滑化を図る補助装置です。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)との相性もよく(ワイヤー矯正治療の方でもお使いいただけます)、効率よくマウスピースを交換することで、衛生的にマウスピース型カスタムメイド矯正装置治療が行えます。

注1:使用にあたり同意書にサインしていただく必要があります。

注2:別途料金(220,000円)が必要です。

注3:完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

注4:マウスピースの使用状況等により、効果に個人差があります。

注5:国内製の同様の補助装置は、まだありません。

注6:当院で用いる補助装置は、カナダ製で歯科医師個人が輸入するものです。

近赤外線併用の安全性に関する発表・論文はこちら(英文になります)

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)のメリット・デメリット

「マウスピース型カスタムメイド矯正装置」にもメリット・デメリットありますので、ご紹介します。

メリット

  • お口の中につけていても、透明感があるので目立ちにくい。
  • お食事の時は、外すので硬いものも食べやすく、食後の歯磨きもいつも通りできる。
  • 発音に影響がなく、違和感も少ない。
  • 金属アレルギーの方にも使用できる。
  • 慣れてくれば、通院間隔をあけることができる。(2~3か月に1回程度)

デメリット

  • 補助器具として、表側ワイヤー矯正の器具(マルチブラケット装置)が必要な場合がある。
  • 患者さんの協力性が必要。(マウスピースの使用時間【1日20時間以上の使用 】を守らないと歯並びの改善が困難になる)
  • 基本料金が表側矯正より高くなる。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)症例写真

当院にてマウスピース型カスタムメイド矯正装置治療で治された患者様です。

全て「マウスピースの使用時間を20時間以上守る」等のコンプライアンスを厳守された方です。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

治療費につきましてはこちら

ガタガタ①
初診時年齢:25歳。女性。主訴:がたがた 診断名:叢生 マウスピース単独。ワイヤー併用なし。非抜歯。動的治療期間:19か月。治療費:約80万円。リスク:歯肉退縮や歯根吸収、歯髄壊死、エナメル質のき裂等(詳しくは、「知って欲しい、リスク・副作用・デメリット」をご覧ください)。

 /

ガタガタ ②
初診時年齢:21歳。女性。主訴:前歯の並び 診断名:叢生 マウスピース単独。ワイヤー併用なし。非抜歯。動的治療期間:24か月。治療費:約80万円。リスク:歯肉退縮や歯根吸収、歯髄壊死、エナメル質のき裂等(詳しくは、「知って欲しい、リスク・副作用・デメリット」をご覧ください)。

 /

出っ歯 ①
初診時年齢:22歳。女性。主訴:出っ歯 診断名:上顎前突 マウスピース単独。ワイヤー併用なし。非抜歯。動的治療期間:34か月。治療費:約80万円。リスク:歯肉退縮や歯根吸収、歯髄壊死、エナメル質のき裂等(詳しくは、「知って欲しい、リスク・副作用・デメリット」をご覧ください)。

 /

出っ歯 ②
初診時年齢20歳。女性。主訴:出っ歯と、かみ合わせの悪さ 診断名:上顎前突 マウスピース単独。ワイヤー併用なし。上顎左右第一小臼歯抜歯。
動的治療期間:35か月。治療費:約80万円。リスク:歯肉退縮や歯根吸収、歯髄壊死、エナメル質のき裂等(詳しくは、「知って欲しい、リスク・副作用・デメリット」をご覧ください)。

 /

すきっ歯 ①
初診時年齢12歳。女性。主訴:すきっぱ 診断名:上顎前突および正中離開 マウスピース単独。ワイヤー併用なし。非抜歯。
動的治療期間:13か月。治療費:約80万円。リスク:歯肉退縮や歯根吸収、歯髄壊死、エナメル質のき裂等(詳しくは、「知って欲しい、リスク・副作用・デメリット」をご覧ください)。

 /

八重歯 ①
初診時年齢15歳。女性。主訴:八重歯と前歯のがたがた 診断名:上顎右側犬歯低位唇側転位を伴う叢生 マウスピース単独。
ワイヤー併用なし。非抜歯。動的治療回数:22回。治療費:約80万円。リスク:歯肉退縮や歯根吸収、歯髄壊死、エナメル質のき裂等(詳しくは、「知って欲しい、リスク・副作用・デメリット」をご覧ください)。

 /

八重歯 ②
初診時年齢18歳。女性。主訴:八重歯 診断名:上顎左右側犬歯低位唇側転位を伴う叢生 マウスピース単独。
ワイヤー併用なし。非抜歯。動的治療期間:11か月。治療費:約80万円。リスク:歯肉退縮や歯根吸収、歯髄壊死、エナメル質のき裂等(詳しくは、「知って欲しい、リスク・副作用・デメリット」をご覧ください)。

 /

前歯のかみ合わせが深い ①
初診時年齢:26歳。女性。主訴:前歯の並びが悪い 診断名:叢生を伴う Angle class Ⅱ div. 2 マウスピース単独。ワイヤー併用なし。非抜歯。動的治療期間:25カ月。治療費:約80万円。リスク:歯肉退縮や歯根吸収、歯髄壊死、エナメル質のき裂等(詳しくは、「知って欲しい、リスク・副作用・デメリット」をご覧ください)。

 /

マウスピース型カスタムメイド矯正装置の主なデメリット・リスク

  • 1日あたりの装着時間が守られなかった場合、綺麗に治らない。期間の延長につながる。
  • 医師の指示通りにマウスピースや関連補助製品(顎間エラスティックやアライナー・チューイ等)を使用しなかった場合、歯が計画通りに移動せず治療の失敗につながります。
  • 同様に、上記コンプライアンスが守れない時に、次のマウスピースに交換した後に、歯の痛みが強くなる場合があります。
  • 同様に、上記コンプライアンスが守れない場合、歯や歯周組織への負担が大きくなる場合があります。
  • 日本矯正歯科学会が、マウスピース型矯正歯科装置を扱う好ましい資格として、日本矯正歯科学会認定医(またはそれと同等の技術経験を有する)以上の資格を有する歯科医師を推奨している。
  • 保定期間は、他の装置と同じで、後戻りのリスクもあります。
  • 当院が必要と判断した場合は、マルチブラケットシステム(ワイヤー矯正)を併用する場合があります。
  • マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)以外に、日本で許可がおりているマウスピース型矯正装置(国産)もあります。

診療時間表

休診日 : 月曜・木曜・祝祭日・日曜月1~2回

WEB診療予約

院長ブログ

三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町4丁目10-20田中ビル2階

078-331-5880

PAGE TOP