神戸・三宮の矯正歯科医院 | 三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

三宮フラワーロード矯正歯科クリニック

http://www.sfr-o.com/

078-331-5880

お問い合わせ・無料相談

トップ > 治療の流れ・歯列矯正治療料金表

治療の流れ・歯列矯正治療料金表

治療の流れ

相談・カウンセリング(30~60分)

歯並びのどこがどのように気になるかをお伺いし、歯並びや顔貌、舌の動きなどをコンピューター上にてご説明します。
最も適した治療開始の時期、その時点で予想される治療方法、治療期間、通院頻度、費用などについての概略と当院の治療理念などご説明させていただきます。

精密検査(資料採得)(30~45分)

患者さま個々の現在の状態を詳細に把握し、分析および診断をするために必要な、歯型の作成や、レントゲン写真の撮影、口腔内診査を行います。

診断(治療方針・注意事項等説明)(30~60分)

分析した結果に基づいて、治療の方法、治療に用いる器具、治療期間、諸費用などのご説明をさせていただきます。
患者さま一人ひとりに最も適した治療方法をいくつかご提案させていただき、患者さまの意向をふまえた上で決定していきます。

矯正治療開始

ご本人とご家族の方が十分納得した上で治療を開始します。治療期間は長いので根気よく通院する必要があります。
この段階からは簡単には治療を中断できません。
むし歯がある場合や抜歯の必要がある場合は、一般歯科で処置を受けていただきます。
その後に矯正器具を装着し動的処置に入ります。

矯正治療(15~90分:治療内容により異なります)

およそ1~3ヶ月に1回のペースで通院していただき器具やワイヤーを調整し治療を行ないます。

※治療途中でブラッシングが悪いためむし歯や歯肉の炎症が著しい場合は治療を中断あるいは中止させていただくことがあります。

※矯正器具を新しくつけたり、器具をかえたりするときは、1か月に2回や2か月で4回等詰めて通院していただく事もあります。

保定および術後観察(10~30分)

動かした歯が後戻りしないように安定させる期間です。
通院頻度は減りますが(3~6か月に1回)、数年の期間(約2年程度)を必要とします。

治療終了

咬み合わせの安定を確認したら治療終了となります。

※記した時間は一つの目安です。時間にはゆとりをもってみてください。

ページトップ

歯列矯正治療料金表

☆初診・相談 1,080円
(HPをご覧になった方は初診・相談料は無料です。受付にて「HPを見た」とお伝えください。)
☆精密検査料金 32,400円
☆診断料金 3,240円
★お子様の矯正 一期治療 432,000円




3,240円
二期治療 お選びいただいた大人の矯正料金 - 一期治療での料金(432,000円) 3,240円
4,320円
(上の歯のみ裏側矯正の場合)
5,400円
(上下どちらも裏側矯正の場合)
★大人の矯正 表側の矯正 (当院は前歯部クリアブラケットを使用) 648,000円 3,240円
痛みを少し軽くする矯正 (表側の矯正の一種) 702,000円 3,240円
裏側の矯正 上顎(裏側)+下顎(表側) 864,000円 4,320円
上下顎(裏側) 1,080,000円 5,400円
マウスピース矯正 (表側の矯正が必要な場合がありますが、これを含めた料金です) 864,000円 3,240円
★部分的な矯正 108,000円~432,000円(歯並びの状況によります) 3,240円
☆保定観察料金 2,160円 (毎回の保定観察料金)
☆…すべての方に共通。
★…年齢、選択する矯正器具、改善する歯並びの範囲等で各々異なります。
オプション 矯正用インプラント・アンカー 1本16,200円
歯のホワイトニング 10,800 円
※注意
当クリニックで矯正治療を受けていただいた方のみの特別料金です。
ホワイトニングのみ希望の方は、27,000円となります。

スルガ銀行/リザーブドプランPLUS デンタルローン

患者さまのための、医療費控除メモ

Ⅰ. 医療費控除とは…

本人または本人と生計を一にする配偶者、その他の親族の医療費を年間10万円以上支払った場合には、医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

Ⅱ. 医療費控除の受け方

(1) 確定申告者は、確定申告書に医療費控除額を記入して税務署に申告します。

(2) 医療費控除を受ける為には、原則として領収書が必要ですが、通院交通費等の領収書がないものについては、経路、交通手段等をメモしておきます。薬局のレシートは購入した薬品(例えば頭痛薬、風邪薬など)をメモしておきます(ビタミン剤等の保健薬は対象外です)。

Ⅲ. 歯の治療に伴う一般的な費用が医療費控除の対象となるかの判断

〈詳しくは国税局HP http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm 平成22年4月1日現在法令等 をご参考ください〉

国税局HPより、下記に一部抜粋いたします。

(2) 発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし、同じ歯列矯正でも、容ぼうを美化するための費用は、医療費控除の対象になりません。

(注)成人歯列矯正でも咀嚼障害等の機能改善の場合は医療費控除の対象となる場合があります。地域によっては矯正歯科専門医の診断書や証明書の提出が必要なこともあります。当院では医療費控除に必要な証明書を無料発行いたしております。お気軽にお申し付けください。

Ⅳ. その他、詳細につきましては税理士まはた税務署にお問い合わせください。

ページトップ